忍者ブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[09/26 夜零 在処]
[07/05 夜零 在処]
[04/23 夜零 在処]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
曖沙
性別:
女性
自己紹介:
好きなもの
*アニメ、漫画/声優
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ | [PR]
Skin By TABLE ENOCH
オリジナル小説置き場と化したブログ←
[PR] 2018.09.19 13:14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


懐かしい夢を見ました。
それは温かく、懐かしい夢。

幼い私に、幼い秦くん。
それに亡くなった母さんと父さん。
皆が皆、幸せそうに笑っていた。

幼い私の前にある、若干大きなバースデーケーキ。
そこには“Buon Compleanno”おめでとうとイタリア語で書いてあった。


ケーキに立っている蝋燭ろうそく
その蝋燭を消そうとした瞬間―――、その夢はぷつり、途切れてしまった。





「――――……夢、」

瞼を開けると目の前には私の部屋の天井。
重い身体を起こして背伸びをするとドアの向こうからコンコン、という音がなって、ドアが開いた。

「おはよう、ボス」

「…おはようございます、葵さん」

にこり、として入って来たのはいつもならば秦くんなのだが、今日は葵さんだった。

「どうしたの?眠れなかった?」

「いえ、…ちょっと懐かしい夢を見まして」

そっか、と葵さんは笑って「じゃあ着替えて食卓へおいで」と言い私の部屋を後にする。

(…着替えましょうかね…、…でも、どうしてあんな夢が、…)

私はそんな疑問を覚えながらも着替え、食卓へ向かおうと思った――。



食卓で私が見たものはケーキ。
ケーキのチョコレートプレートにはBuon Compleannoの文字。
その文字に続くのは、――――“Lei”

「…あ…………!」

今日は、私の誕生日だったのだ。

「姉さん、おめでとう!」

秦くんの声、そして渡された小さな箱。

「おめでとう、麗」

優しいソルトさんの声に、受け取った大きな箱。

「おめでとう、ボス」

にこり、と笑う葵さんの声、渡された小さな箱。

「おめでとう!麗ちゃん!はい、これ!」

いつものように明るい昴さんにもらった、大きなリボン付きの袋。

「…おめでとう、麗様」

レンさんに渡された、小さな箱。

これらは、誕生日プレゼント。


「……!あ、りがとう、ございまっ…」

「ね、姉さん?」

寄って来た秦君に背中を擦れながら私は皆にありがとう、と伝える。

私は、

「私は幸せ者ですね…っ!」

 


                    ありがとう、生まれてきて良かったです  




今日、6/14は麗の誕生日です。
…と言う訳でかいたのですが…ごめんよ、麗;
PR


Comments
Comment Form
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
Trackback address :