忍者ブログ
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/26 夜零 在処]
[07/05 夜零 在処]
[04/23 夜零 在処]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
曖沙
性別:
女性
自己紹介:
好きなもの
*アニメ、漫画/声優
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ | [PR]
Skin By TABLE ENOCH
オリジナル小説置き場と化したブログ←
[PR] 2018.06.25 15:10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


葵と出会って早2年の年月が流れた。
一緒に住む事になった葵は毎日、麗と秦共に茜の訓練を受けていた。

「よし、今日の訓練はここで終わりね!次の訓練は、…えっと、まだ未定ね」
「未定?」
「…あー、敵対マフィアとの抗争が明日からでね。葵、残念だけど…」
「未定、……」
「まあ、抗争終わったらいつも通りに母さん、訓練してくれるから!」
「…いつになるんだろうね」
「あははっ、まだ分からないわよいつ終わるのだなんて!まっ、負ける訳ないけどねえ!」

明るく笑う茜に葵と麗は顔を見合わせて笑う。
…だが、叶う事ではなかったのだった



そして、運命の日。
朝から大降りの、雨だった。
茜は武器を持って部下と共に敵対ファミリー…“カルコラーレファミリー”の元へと出掛けて行った。
麗と葵、秦は留守番だ。

「葵」
「?何?麗」
「なんか、嫌な予感がする」
「……え?」

予感だから、という麗だったがその事を葵に伝えた瞬間バタバタと廊下から走る音が響いて来る。

「…た、大変です!お嬢…!」

一人の部下。その身体は傷だらけだった。

「な、にが…!傷だらけ…っ!」
「ボスが、茜さんが――――!!!!」
「「「――――!!??」」」

麗が膝から崩れ落ちる。
そんな麗を秦と葵が2人で支えた。

「大丈夫?麗」
「…あ、あ…………」

ガタガタと震え始める。

「母さんが?う、そ、嘘だ……か、母さんが………あ……」


聞いた知らせ。それは、―――――


「母さんが死んだなんて!!!!!」


そう、茜が亡くなった。
相手はカルコラーレのボス。
麗の初恋相手の父親だった。

麗はすぐに扇を持って駆けだす。

「な、れ、麗――――!!!!!」
「姉さん!」

葵と秦の声など耳には届かない。

(嘘だ、嘘だ、!絶対に!母さんが死ぬ訳ないんだ!)

茜は麗の目標のような人だった。
だから、認めたくないのだ。



そして、カルコラーレのアジトへ乗り込み、敵を倒していった。
辿り着いたは、とある一室。
そこはカルコラーレのボスの部屋だった。

麗は唾を飲んで扇を構え、慎重にドアを開く。
そこには―――


「かっ…母さん!!!!!!!!!!!!!!」


母であり、目標であるヴェンタリオファミリーのボス…蓮漣茜の血まみれの姿が在った。
もう、息は尽きていた。

茜の遺体の傍には茜の武器である刀が血に濡れて転がっていて。

(母さん………ッ)

それが、死んだのを見せつけているように麗には思えた。

そして芽生えたのは怒り、憎しみ、悲しみ。


「許さない許さない、絶対に、絶対に…!!!!」


麗はまず、生き残っている部下を集まらせる。
運がいいのか、敵はその場には居ない。

伝えるのは、ボスの死、そして自分が新しいボスとなること。


「…付いてきてほしい。私は、母さん、いや…ボスの無念を晴らしたい…!!」


ボスになって、ヴェンタッリオとカルコラーレの戦いに終止符を打つこと。
これが麗の望みだった。


「…お嬢、いや、ボス!行きましょう!倒して…ヴェンタッリオに勝利を!」
「「「「「ボス!!!!!!」」」」


心が一つになった。そう、麗は感じ取れる。


「では、行きますよ!!!!!!!!!!!!!!」


そして、生まれて初めての口調。
それは決意故に。
この世界に本格的に入るに、必要な、決意―――――。







「………来たか」

男がドアを見つめて呟く。
その傍には麗と歳が近そうな少年の姿が在った。

「祇徒、隠れておきなさい」

男に祇徒、と呼ばれた少年は「はい、」と返事をして隠れておく。
そして、響いて、近付いてくる多数の足音と、人の叫び声。

(……?ヴェンタッリオ…?)
「…カルコラーレ、ボス…命、頂きに来ました」

祇徒がそう思うと同時に声が耳に入った。
……麗だ。

(…麗?)
「…くく、母親はどうした?」
「しらばっくれないでください。……貴方が殺したんでしょう?母さんを…!」

麗はぎゅう、と扇を握りしめている方の手を握った。

「…では君は何故ここに?…ははっ、笑わせるな。もう決着はついただろう」
「私はヴェンタッリオファミリー10代目、蓮漣麗です」
「な、」
「…先代の仇、とらせて頂きます」

男が油断している間に、麗は扇ではなく隠し持っていた銃を向けて撃った。

―――――パァンッ

乾いた、銃声。
それと同時に男は倒れた。

(―――――!!!!)

祇徒は目を見開く。
父親が倒れて行く様を見ている。

つい、出て行ってしまった。


「………祇徒、?」
「……ッ、麗!」


キッ、と睨みつける祇徒に麗はボソ、と呟いてその場を去る。


「……敵同士だ、さよなら、祇徒……」









「姉さん!怪我は!?」
「…秦くん。大丈夫だよ」
「…あれ、?…口調、」
「あ…気にしないで」

しばらくして麗はヴェンタッリオのアジトへと戻った。
そして、在ったことを話す。

「母さんは…ダメでした。」
「…ッ!!」
「…だけど、ヴェンタッリオはボスが居ない状態にはなりません。…私がボスです」
「…麗が、!?」
「母さんの代わりに、?」

やはり、これにはびっくりした様だった。

「…ということは、守護者が必要になります」
「……あ、そういえば」
「あ」
「葵さん、貴方を雲の守護者に任命します。秦くんはまだ訓練が必要です」
「え―――、」
「えっ」
「受け入れて、もらえますか、…?」

麗がそう言うと、葵は少し考えたがすぐに答えを出す。

「うん、勿論」

葵がそう答えると麗はニコッと微笑んだ。




――――………

それから葵の後に秦が嵐の守護者になった。
麗はというとソルト・ヴァルヴァレス、レン・ウェルヴァーナ、桐城昴をファミリーに入れ、それぞれ守護者に任命した。
一方、カルコラーレはというと閑廼祇徒がボスになりファミリーを更に築きあげてきている。


「………これで、いいんですよね、……母さん」


ポツリと呟いた声はとても小さい声。


「姉さん」
「…!秦くん、何?」
「お墓参り、行こっか」
「うん、分かった」

1つ頷いて麗は自室から秦と共に出る。

「あ、麗ちゃん!」
「麗」
「麗様」
「ボス。……あれ、どうかした?」
「いえ、何もありませんよ!さあ、お墓参り、行きましょうか!」


私は、この仲間を護る――――。

それが、ボスとしての使命、

母親、蓮漣茜を目標とし、追いかける私の使命なのだから…




                  Una cosa per proteggere―護るもの―     完
PR


Comments


無題 夜零 在処 URL 【2010.04.23 18:17】 EDIT
うおおおおおおお!!!
待ってたよ!!←
すげえ、はんぱねえry
よっしゃこれで祇徒の過去が考えやすくなtt(
Comment Form
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
Trackback address :