忍者ブログ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/26 夜零 在処]
[07/05 夜零 在処]
[04/23 夜零 在処]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
曖沙
性別:
女性
自己紹介:
好きなもの
*アニメ、漫画/声優
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ | [PR]
Skin By TABLE ENOCH
オリジナル小説置き場と化したブログ←
[PR] 2018.12.11 17:03
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「――――、ですから、―――なのであって、」


広い会議室に人の姿があった。
『人』と言ってもその姿は多数である。

ただ、不思議なのは――――、中心人物が女、だという事だった。



              

「…そっか、今日は、葵の命日だったっけね、」

日本人らしい黒髪に漆黒の瞳の青年が少し哀しげにそっと呟いた。

「……なら早く花買ってお墓参り行こう。……葵、待ってる。ほら、昴…お金預けるから買ってきて」

『昴』と呼ばれた漆黒の青年は『そうだね、』と若干微笑みつつ蜂蜜色の髪色の青年――、レンから金を預かり、外へ出て行く。
暫くすると、レンもその部屋を出た

「、他は何か葵に捧げるものはあるのか?」

「知らねえ。…お前は何かあんのかよ?ソルト」

「…まあ、色々とな。秦、お前も考えておけ」

お互いに『ソルト』、『秦』と呼んだ青年達は別れ、そしてその部屋を出る。

鎮まる会議室。

そこに一人残ったのは先程の中心人物の女。

「………………ごめんなさい、助けられなくて、ごめんなさい葵さん」

名前を呼び俯く女―――、蓮漣麗。

「だけど、貴方の死を無駄にはさせない、だって、」


                        此処にはいない貴方は、霊となるのでしょう?




お題提供:http://www6.ocn.ne.jp/~promessa/




以上、何となく書いた小説でした。お粗末様です....
これは....4年後設定ですかね。何故私は葵さんを亡くなしたんだろう...ごめんなさい葵さん!
しかも墓参り好きだな、私(どういうこと

4年後ならば...
麗18歳
秦17歳
ソルトさん23歳
レン21歳
昴20歳
ですね!!.........うん、そうだ。(?


それと、キャラソンを考えてみました。(一部

扇羽 琴⇒『鎮魂歌(レクイエム)』byVOCALOID 鏡音レン

王 紅玉⇒『紡唄‐つむぎうた‐』byVOCALOID 鏡音リン/鏡音レン

Σ全てボカロ!!
PR


Comments


無題 夜零 在処 URL 【2010.09.26 10:50】 EDIT
ごめ、読むの遅れた←
いや死なせたの私だし・・・!! ごめん葵っ てか麗に謝りたいね!! マジで!!(

なんか私も書きたくなってきたな、なんかヴェンタッリオ話書くわー←
Comment Form
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
Trackback address :